浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

省エネ住宅をご存知ですか?
「詳しくは知らないが、名前は知っている」「設備の性能が良いだけなんじゃないの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、省エネ住宅とはどのようなものなのか、また利便性についてご紹介します。

□省エネ住宅とは
省エネ住宅とは冷暖房などの生活で使われる消費エネルギーを抑えるように設計された住宅のことです。
現代では、エアコンのような家電製品によって快適な生活を送ることができている反面、エネルギーの消費によって地球温暖化や環境破壊の問題も起こっています。
化石燃料により環境に悪影響を及ぼすエネルギーではなく、太陽光や風、水のような自然エネルギーを活用することで、環境破壊を抑えられます。
また住宅に高断熱、高気密の素材を使用することで消費エネルギーを抑え、二酸化炭素の排出を大きく削減できます。

□省エネ住宅の利便性
✳︎温度差が小さい
省エネ住宅の特徴は高断熱、高気密です。
高断熱とは外部の熱の出入りを遮ることで、家の中の温度差を小さくします。
高気密にするには家にある隙間を極力なくすことが重要です。
温度差が激しい家は血圧の変化も激しく、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなりますが、省エネ住宅はそのリスクを低くしてくれます。
また、急激な温度差によるヒートショックの予防にもなります。

✳︎節約
省エネ住宅は夏は熱を逃がすことで涼しくし、冬は熱を逃がさず維持することで暖かくします。
そのため、少ないエネルギーで冷暖房の効きが良くなるので、節約になり、家計の支出を減らします。

✳︎耐久性・遮音性
高断熱高気密の住宅は遮音性も高いので、音漏れや騒音の問題が少なくなります。
また、結露が発生しにくいので、構造部材の腐食を抑えられ、耐久性も高くなります。
結露防止による、ダニやカビの繁殖も防げます。

□今後、義務化される可能性
日本は世界と比較すると省エネ住宅で大幅な遅れをとっています。
なぜなら、日本は地震大国であるため、耐震性能ばかりを考えてきたからです。
しかし、国は2020年から住宅の省エネ基準の義務化を予定しています。
これから家を建てようとお考えの方は省エネ住宅にしないならば、将来の資産価値が減少し、基準の満たしていない建築となってしまう可能性があります。

□最後に
省エネ住宅は初期費用は多くかかりますが、将来的にはお得になります。
新築や住宅購入をお考えの方は、省エネ住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
また当社では、省エネ住宅の建設を行っております。
何かお困りのことがありましたらぜひご相談ください。

page top