浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

2019年の10月に消費税が8%から10%に増税されます。
消費税が上がるということは、世の中の様々な商品やサービスの価格が変動するということです。
もちろん、注文住宅を建てるために必要なコストも例外ではありません。
今回は消費税の増税が、注文住宅の価格にどのくらいの影響を与えるのかについてをご紹介します。

□消費税とは
消費税とは事業を行う人が、日本国内で品物やサービスを売ることによって得た利益に対して発生する税金です。
そのため、注文住宅を購入する際においても値段が変動する部分と変動しない部分があります。

□消費税の増税によって価格が変わる部分(消費税が課税されない部分)

*建物そのものにかかる費用
これは、建物を建築する際にかかる建材のコストや人件費が消費税による影響を受けます。

*住宅ローン等の事務的な手続きにかかる手数料
事務員が行う手続きも、事業者がサービスを提供することにより利益を得ているので、消費税の課税対象になります。

*仲介手数料
住宅ローン等の手続きにかかる手数料と同様に、事業者が提供しているサービスなので課税対象になります。

□消費税が増税されても価格が変わらない部分(消費税が課税されないもの)

*登録免許税や印紙税
これらは国が国民に対して課している税金であるため、消費税が上がってもこれらの価格が変動することはありません。

*物件の土地
土地は消費される資本ではなく、売買される場合においても資本が移動しているだけなので消費税の課税対象にはなりません。

注文住宅を購入するにあたって最も高価なものは「物件の価格」です。
そして、この物件の価格は消費税の課税対象になっているため、消費税率が高くなると大きな影響を受けることになります。
例えば、元値が1000万円の物件を購入すると仮定した場合、消費税が8%のままなら1080万円の価格になりますが、消費税が10%になってしまうと1100万円になってしまい、消費税増税後に購入すると余分に20万円お金がかかってしまいます。

□ 最後に
近いうちに新しい家を建てようと考えている方は消費税が上がる前、すなわち2019年9月末までに購入手続きを済ませてしまうことがおすすめです。
今の内に購入することができても、引き渡しが消費税増税までに完了していなければなりません。
そのため、建築を終えた後の引き渡しが10月になってしまうと消費税増税後の価格になってしまうことに注意してください。

page top