浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

注文住宅を建てる際は「断熱性」にこだわることを強くおすすめします。
断熱性が低い家に住んでいると、冬は外の冷気が伝わって寒くなり、夏は外の熱気によって暑くなります。
また、部屋の中の温度を保ちにくくなるため、冷暖房の効果が弱くなってしまい、必要以上に電気代がかかってしまいます。
そこで、今回は住宅の断熱の必要性についてご紹介します。


□断熱性を高めるためには?
断熱性に関わる大きな要素は「建材」と「工法」です。
ここでは、断熱材として優れている建材と、断熱性を高めるための有効な工法をそれぞれ紹介します。

*おすすめの建材は天然の断熱材である「木材」
木材は、化学的に開発された断熱材に匹敵するほどの断熱性を持ちます。
木材の優れている点は、断熱性の他に湿度を保つ効果や、高い耐震性を併せ持っているところです。
木材はいくつもの細胞から構成されているため、湿度の高い日は湿気を吸収し、乾燥した日には水分を空気中に放出する効果があるため、温度と湿度を一定に保つ効果があります。
人間が感じる温度は実際の気温だけでなく、風や湿度に左右されるため、温度と湿度の両方を保つことができる木材を使った家の中は、一年中安定したぬくもりを得られるのです。
木材の中でも特に人気の高い国産の「ひのき」は、数ある木材の中でも特に機能が優れており、注文住宅を建てる際はひのき材を使用した家を検討してみてはいかがでしょうか?

*断熱性に優れた工法「外張り断熱」
外張り断熱とは、基礎から壁や屋根に至るまでの家全体に、外側から断熱材を取り付けることによって家の中の温度を一定に保つ工法です。
外張り断熱をすることによって、快適な屋内の温度を外側に逃がさず、また外部の温度から家全体を守るため、屋根や床からくる冬の冷気や夏の熱気が家の中に伝わることを防げます。
また、一般的に冷暖房が設置されていない風呂場やトイレのスペースと、リビングやダイニングなど、冷暖房がよく稼働しているスペースの間に温度差が生まれることも防げます。
このように外張り断熱のメリットはたくさんあるのです。

□最後に
今回は、家の中の温度を保ち、暮らしている人々が快適で健康な生活を送るために不可欠な「断熱性」を高める方法をご紹介しました。
新しい家を建てるなら、断熱性の高い家を建てて、夏を涼しく、冬を暖かく過ごしましょう。
さまざまな建材や断熱材、工法を組み合わせて一年中過ごしやすい家を実現させてくださいね。

page top