浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

住宅購入の検討に予算の側面を考えないことはなかなかありません。
注文住宅の検討をされるほどこだわりが強い方はなおさら「予算の中でできるだけ理想に近い住宅を」といろいろ考えを巡らしているのではないでしょうか。
そんな風に考える方は2019年の10月に増税が迫った今、住宅購入に踏み切るタイミングが気になりませんか?
そこで今回は消費税増税が注文住宅購入価格にどのような影響をもたらすのか解説していきます。

□価格変動
まず、増税後の価格は具体的にどのように変化するのかについてご紹介します。
注文住宅を購入する場合、以下の項目に増税の影響が出ると予想されます。

*住宅価格
建物価格と土地価格を合わせたものが住宅価格と呼ばれています。
土地価格は課税対象ではないので、ここでは建物価格のみの変動を見ていきましょう。
建物価格が仮に2500万円の場合だと、現在の8パーセントでは200万円の課税ですが、10パーセントに上がると250万円です。
つまり、この場合50万円の増加が見込まれます。

*住宅ローン
住宅ローンを利用して購入するケースでは、金利の上昇が予想されます。
返済年数やローン会社、コースによって異なるので一概には言えませんが、仮に金利が0.5パーセント上昇するとどうなるのでしょうか。
自己資金が300万円、借入金額が2400万円で、2018年3月の実行金利で返済した場合の一例をご紹介します。
2018年3月の実行金利だと総返済額は約2960万円、上昇後は約3200万円です。
つまりこの場合金利が0.5パーセント上昇すると200万円程度総返済額が上昇することが考えられます。

*家具・家電価格
住宅の購入時に一緒に購入する必要がある家具や家電の価格も考える必要があります。
家具や家電にかかるお金は平均的に300万円ほどでしょう。
消費税が8パーセントなら24万円分の課税、10パーセントなら30万円分の課税がかかるので、6万円増加することになります。

*その他
上記の項目以外でも、ローンの手数料・火災等の保険・引越しの費用などにも増税の影響が生じます。

□増税後の制度
ここまで同じ価格の住宅を購入した場合、課税額がどれだけ上がるかをご紹介しました。
しかし、課税額が増えることによる価格の高騰を避けるために給付金制度の施行も決定しています。
「すまい給付金」の20万円増額や、贈与税非課税の枠の拡大が行われます。
自分のケースが条件に当てはまるとどうかも考えて見積もりを行うと、増税による価格の変化をより正確に見積もることができるのではないでしょうか。
この制度のおかげで収入条件によっては増税後に買ったほうがお得なこともあるかもしれません。

□増税後の住宅価格
消費税増税で課税額が上昇することを受けて増税前の駆け込み需要も予想されています。
増税直後は購買欲が極端に低下し売り上げが低くなることを懸念して、大幅な値下げを行う住宅関連会社も多いかもしれません。
給付金の額と価格下落で、増税分の負担をカバーできるケースが生まれる可能性もあります。

□まとめ
今回の記事では消費税が2019年に増税されると住宅の価格がどう変動するのか注文住宅の一例を挙げて解説しました。
基本的には引き渡しが行われる日付が増税前か後かによって税率が変わります。
自分のケースが増税後の価格の対象になるのか把握しておくことも大切かもしれません。
ぜひ今回のモデルケースを参考に、今検討している注文住宅を増税の前に買ったほうがいいのかどうか検討してみてください。

page top