浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

注文住宅でこだわりの家を建てようと思案をめぐらしていると、家の造りのついて知識が欲しくなったという方はいらっしゃいませんか?
「どんな造りの家にしようかと思って調べたはいいけど、真壁造りってなんだ」
「真壁造りと聞いても何がいいのかわからない」
こういった疑問に困っている方へ今回は家の造りの一つである真壁造りについて解説していきます。

□「真壁造り(しんかべづくり)」とは
真壁造りとは日本古来の伝統的な壁の工法で、柱と柱の間に壁を建築する方法です。
柱が表面に露出しているのが特徴的で、これもまた伝統的な壁の工法の「大壁造り」と対照的です。
日本の木造住宅としてはポピュラーで、和室や昔の住宅によく見られます。

□真壁造りは何がいいの?
それでは、真壁造りのメリットについてご紹介します。

*通気性が良い
柱が外部に出ているため、壁で覆ってしまう面積が減り通気性が高くなると言われています。

*手入れが容易
柱が壁の素材に覆われていないと柱の痛みや損傷に気づきやすいだけでなく、修理にも手間や時間がかかりにくくなります。

*こだわりを表現できる
外に見える柱は綺麗に磨き、色にもこだわることで日本家屋の雰囲気を出すのに大きな役割を果たします。
木目や木肌が壁の間にあることでバランスのとれたこだわりの部屋にすることができるのではないでしょうか。

□真壁造りの注意点
良いところがたくさんある真壁造りですが、対してデメリットもあります。

*技術が必要
柱を露出させることで筋交いを入れにくくなり、壁を作るのが比較的難しくなってしまいます。
職人の技術も要するケースが多く、和風建築の減った最近では急激に用いられることが減っているのが現状です。

*コストがかかる
技術が必要なことにも関連し、工費が割高になることが予想されます。
柱を露出させない造りだと、簡単に配管や配線を壁の中に隠すことができるためにコストダウンしやすく、費用の差が生まれる原因の一つになっています。

*遮音性・断熱性が低い
柱で壁を挟む構造のため、壁の厚みを確保するのが難しくなります。
そのため柱を隠す造りよりも遮音性や断熱性を高めにくいことになります。

□まとめ
今回の記事では真壁造りについてご紹介しました。
真壁造りについて利点と欠点の両方から理解を深める手助けになれば幸いです。
現在の主流ではなくなっている真壁造りですが、魅力もたくさんあります。
伝統的な家屋にこだわる方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

page top