浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

住宅の購入につきものである悩みといえば予算検討でしょう。
「家にかかる税金に何があるか把握しておきたい」
「住宅購入にかかる税金の種類は何?」
そんな風に思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は住宅を購入する際にはどのような税金がかかるのか解説します。

□消費税
住宅価格というのは土地価格と建物価格の合計です。
そのうち土地価格には消費税はかかりません。
消費税がかかるのは建物価格と、その他の工事費です。
また、家具・家電の料金、引越し費用などにも課税されます。
他にも不動産会社を介して購入する際に必要な仲介手数料に税金がかかることを見逃しがちなので注意しましょう。

□印紙税
契約書にかかる印紙税というものも住宅購入の際にかかってきます。
建築に必要な「工事請負契約書」と、購入に必要な「売買契約書」に印紙税が課税されます。
住宅ローンを利用するときの契約書にも必要です。
1000万円超5000万円以下の場合、工事請負契約書・売買契約書共に2万円の印紙税がかかります。
契約書に記載されている金額によって課税額は異なるため、どの契約書にはいくらかかるのかよく確認しておくといいかもしれません。
しかし現在は軽減措置が取られているため、住宅の建築請負の契約書の印紙税は1万円に下がっています。

□登録免許税
建てた住宅の所有権を登記するためには手続きが必要です。
その際に登録免許税がかかります。
固定資産税評価額に所定の税率をかけた額を納める必要があります。

□不動産取得税
新たに不動産を取得した際に一度納めることが義務付けられているのが不動産取得税です。
納めるのは一度のみですが、取得後一定期間が経ってから請求が来るので忘れてしまう方もいるようです。
費用の計算時には見逃さないようにしましょう。
固定資産税評価額に原則として税率4パーセントをかけた額を納める必要があります。

□固定資産税・都市計画税
住宅に関連する税金で最も有名かつ、定期的に納める必要があるのがこの2種類です。
固定資産税は、固定資産税評価額に1,4パーセントをかけた額、都市計画税は0,3パーセントをかけた額が納める税金になります。

□まとめ
今回は注文住宅を購入しようと検討している方に向けて、住宅購入の際にかかる税金の種類についてご紹介しました。
様々な種類があり条件や納めるタイミングも多様なので、見落としてしまうことのないように気をつけてくださいね。
ぜひ今回の記事を参考に、住宅購入の際にどれくらい税金を払う必要があるのかしっかり把握してみてください。

page top