浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「南海トラフが不安」
「耐震性を気にして家を建てたいけど、どんな家ならいいのかな」
地震の多い日本では、長く住める家をこだわって建てるためにも耐震性の高さは不可欠です。
しかし冒頭のように漠然と不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は具体的にどのような構造の家が地震に強いのかについてご紹介します。

□素材
住宅の構造は材料で分類すると、主に3種類あります。
種類ごとに様々なメリットやデメリットがありますが、今回は耐震性に注目して比較していきたいと思います。

*木造
柱と梁で作られる筋交いで耐震性を高めています。
面の力で地震に耐える構造です。
木のしなりを利用して、揺れを逃し倒壊を防ぐことができる点が木の素材の強みでしょう。

*鉄骨造
木造よりも結合部分の強度が高く、木造がしなやかさで免震するのに対し、強度で耐震性を高めています。
鉄骨は木よりも硬く、地震の引っ張る力に耐性があります。
木造よりも住宅部分のみの耐震性は高めであるでしょう。

*鉄筋コンクリート造
住宅の構造としては最も強いと言われています。
その分コストもかかりますが、引っ張りに強い鉄骨と圧力に強いコンクリートを併用しているため強度を高めやすいことが耐震性の高さの理由です。

□形
住宅の構造としてはどのような形であるかも耐震性に関連があります。

*平面
平面の視点から地震に強い家の形は、「長方形」です。
ここでのポイントはシンプルさにあります。
コの字型になっている構造や、複雑に図形がつながっているような構造は耐震性が低下します。
角や凸凹の少ない平面図になる家であればあるほど、地震への耐性が高いと言えるでしょう。

*立体
立面形状でも、シンプルな形の方が耐震性が高い点は平面と同様です。
2階建や3階建よりも平家の方が地震に強いことは想像しやすいのではないでしょうか?
平屋でない場合でも、二階の方が面積が小さく、一階フロアの中央によっているほど耐震性は高まります。
逆に二階が出っ張っている部分のある構造であると、その部分は倒壊しやすくなってしまいます。

□まとめ
今回はどのような構造の家が地震に強いのかについて解説しました。
耐震性は家の構造だけで判断できるものではなく、地盤の強さや間取り・設計も重要です。
そのため一概に構造のみで耐震性を論じることはできませんので、ぜひ構造以外の観点からも比較をしてみてください。
注文住宅の構造に迷っている際には今回の記事を参考にしてくださいね。

page top