浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「何を基準に家づくりの選択をすればいいのかわからない」
「快適に住める家にしたいけれど、どうやって決めたらそうなるのかな」
注文住宅の購入を決めても、いざ設計となった際に判断の仕方がわからないと不安ですよね。
快適な生活につながる条件が何なのかわからないと、自分の選択に自信が持てないのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な家とはどのような条件を揃えているのかについて解説いたします。

□断熱性・気密性が高い
夏は涼しく、冬は暖かい部屋で過ごせたら快適ですよね。
外気に左右されにくく、空調の効きが良い住宅に必要なのは断熱性や気密性です。
また住人にとってだけでなく、住宅にとっても断熱性が高いことは長持ちさせるために有効です。
そのため希望や土地にあった断熱材や工法を選ぶことが重要と言えます。
住宅の気密性を表す「C値」というものがあります。
C値が低ければ低いほど高気密であるということを示しているので、気をつけてみてはいかがでしょうか。
またUA値という断熱性を表す数値も存在します。

□遮音性が高い
住宅間に限らず、部屋同士の間でも遮音性が低いとストレスやトラブルにつながってしまうこともあります。
必要以上の騒音に悩まされたり、逆に気を使いすぎたりするのも大変なのではないでしょうか。

□日当たり・風通りが良い
窓の配置や間取りを考える際に採光や風通しを考慮することも重要です。
また内装の色選びでも光の反射に違いが生まれるため、色の特徴を把握して選ぶのも良いかもしれません。
また、地域・季節によって風の吹く方向には特徴があるので一度調べてみてはいかがでしょうか。

□耐震性が良い
地震の多い日本では住宅にとって耐震性は不可欠です。
規模の大きな地震の時に崩れてしまわない強度も必要です。
しかしそういった緊急事態に限らず、耐震性の高い住宅は生活にとって良いこともあります。
大規模な地震以外にも小規模な地震が発生する地域が日本には多いです。
地震の揺れは建物の歪みや劣化を引き起こします。
歪みによる気密性の低下や、ひび割れ等の劣化による雨漏りは生活に支障をきたします。
耐震性をおろそかにせず、揺れに強い住宅にしておくことで比較的これらのトラブルに見舞われる可能性を減らせると考えることができます。
メンテナンスの手間やコストを最小限にすることも可能なのでは?

□まとめ
今回は性能や品質の面から快適な家の条件をご紹介しました。
条件を知った上で住宅を評価できれば、後悔しない住宅購入に一歩近づくのではないでしょうか。
ぜひ今回の記事を参考に、最大限快適な住宅づくりを目指して計画を練ってみてください。

page top