浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「耐震性ってどうやって決まるの?」
「耐震性の高い家を建てたい!」

このようにお考えの方はいませんか?
これからは来たる南海トラフ地震に備えて地震に強い家に住みたいですよね。
ですが「耐震性」と言っても一体何を基準にして耐震性が決まるのか知らない方も多いのではないでしょうか?
今回はそのような方のために住宅の耐震性について詳しくお話します。

建築物の耐震性を図る目安として耐震基準や耐震等級などの基準があります。
では具体的にみていきましょう。

□耐震基準とは
耐震基準とは日本に存在する全ての建物が最低限満たさなくてはならない基準です。
1981年に改定され、現在建設される建物は新耐震基準をもとに建設されています。
耐震基準は法律で定められた必須条件なので、これを満たせば建物が絶対に倒壊しないわけではありません。
より詳しく耐震性を定義した耐震等級を参考に、耐震性を考えていきましょう。

□耐震等級とは
建物の耐震性を測るもう一つの基準が耐震等級です。
耐震等級は以下の3つの等級があります。

・1等級 震度6~7の地震でも倒壊しない
・2等級 等級1の1.25倍の耐震性
・3等級 等級1の1.5倍の耐震性                 

等級3は病院など緊急時に避難所となる施設と同程度の耐震性があり、現在では等級3の建物が最も高い耐震性をもっているとされています。
最近は大きな地震が増えたこともあり、耐震等級3級の住宅を建設する方も増えています。
今後起こりうる大地震のリスクを考えると、等級2以上の住宅を建てることをおすすめします。

□建物の構造について
建物には地震が起きても被害を最小限に食い止めるための構造が施されています。
*耐震構造
建物自体を頑丈に作り、地震の揺れを受けても倒壊を防ぐ構造で日本の建物の多くに採用されています。

*制震構造 
制震装置を取り付け、地震による大きな揺れを吸収する建築構造です。
地震の揺れを軽減できるので、マンションなどの建設に導入されることが多いです。

*免震構造
建物の基礎に免震装置を設置することで地震の揺れを吸収し、ゆっくり揺れを伝えることで地震による家財の倒壊などの屋内の被害を最低限に食い止めます。

今回は住宅の耐震性について詳しくお話しましたが、いかがでしたか?
耐震性と一言でいっても、耐震基準や耐震等級、建築構造など耐震性を図る基準はいくつか存在します。
マイホームを購入する時はこれらの基準をもとに耐震性の中身をきちんと確認しましょう。
注文住宅を建てる方は等級3の住宅を建てたり、耐震性と併せて長期優良住宅の建設するのもおすすめですよ。
これからマイホームを建てる方はぜひ参考にして下さい。

page top