浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「注文住宅の予算ってどうやって決めたらいいの?」
「失敗しない予算の決め方を知りたい!」

このようにお悩みの方はいませんか?
マイホームの購入は人生の一大イベントですから、後から後悔しないようにしっかり予算の計画を立てたいですよね。
今回は注文住宅の購入を検討している方に失敗しない予算の決め方をお教えします。

□予算の決め方
*注文住宅の購入に必要な予算
皆さんは住宅の購入にどれくらいの予算を設定していますか?
注文住宅の購入には大体2000万〜3000万円の予算が必要とされています。
家を建てると決めたら、まずどれくらいの予算で住宅を購入するのか決めましょう。

*予算の内訳
予算を大体決めたら、内訳を決めていきましょう。
物件の購入にかかる代金は以下の通りです。
 
物件価格=本体工事費+別途工事費+諸費用(仲介手数料、印紙税、仮住まい・引越し代など)

この本体工事費・別途工事費の合計からいくらまでを頭金で用意するのか、住宅ローンで払う金額を決めていきます。
頭金の決め方は、最低でも物件価格の2割程度が目安となります。
残りの金額を住宅ローンで払う方が多いですね。
一般的に頭金を多く用意すれば、後の住宅ローンの返済が楽になると言われますが、だからと言って当面の生活費や諸費用にかかるお金はしっかり残しておかなくてはいけません。
具体的には、手取り月収の4ヵ月〜6ヵ月分の貯金を残しておければ大丈夫でしょう。

□住宅ローンの種類
資金計画を立てる上で、住宅ローンについて知っておくことも重要です。
*変動金利 
金利が設定されておらず、返済期間中に何度も金利が見直されるタイプの住宅ローンです。
金利が低い状態を長期間享受できる可能性がある一方、将来的に規定の範囲内で金利が上昇する場合もあるので注意が必要です。

*固定金利
返済期間中、金利が固定されており変動しないタイプの住宅ローンです。
長期間で確実にお金を返済したい人にはおすすめの住宅ローンですね。
元々の金利が高く設定されているため、低金利の状態が続けば返済額が多くなってしまうのがデメリットです。

□確実な返済計画を立てる
ローンを組む上で最も大事なのが返済期間と返済金額の設定です。
ここをしっかり押さえておかないと、後々ローンの返済で苦しんだり、最悪の場合完済できない、なんてこともありえます。

*返済期間
ローンの返済期間は30年〜35年に設定する方が最も多いと言われています。
その次に25年、20年で返済される方が多いようです。
確実に返済したい方はフラット35などのローンを組むのもおすすめですよ。

*返済金額
月収の20%が目安とされています。
一般的なサラリーマンだと25%を超えると返済が厳しくなると言われているため、
くれぐれも焦らずに長期的な返済計画を立てましょう。

□最後に
今回は注文住宅の購入を考えている方に予算の決め方や住宅ローンの組み方について説明しましたが、いかがでしたか?
はじめに購入資金をいくらに設定するのか、住宅ローンの金利や返済計画は収入に見合ったものなのか、きちんと判断してから住宅の購入に踏み切って下さいね。
これから注文住宅を建てる方はぜひ参考にして下さい。

page top