浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「高気密・高断熱に優れた家ってどんな家?」
「季節に関係なく暖かい家に住みたい!」

このようにお考えの方はいませんか?
最近よく耳にする高気密・高断熱の家。
ですが一体何のことだか分からないという方も多いのではないでしょうか?
今回はそのような方のために、気密性と断熱性に優れた家の特徴を詳しくお話します!

□気密性と断熱性って?
家の気密性や断熱性についてよく分からない、という方のために簡単に説明すると、気密性とは家に隙間を作らないこと、断熱性は家を暖かくすることを意味します。
つまり気密性・断熱性に優れた家とは家の隙間を防ぎ、断熱材を用いて建てられた暖かい家のことです。

□高気密・高断熱の家の特徴
家の設計を気密性、断熱性の観点から見直し、人の健康や地球環境に優しい家づくりを目指した家を指しますが、その基準は省エネルギー基準を超える断熱気密レベルを満たしているかどうかが目安になります。
では具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

□高気密・高断熱の家のメリット
*1年中過ごしやすい
高気密・高断熱の家では住まいの中の温度が一定に保たれます。
そのため夏場・冬場を問わず、一年中変わらない室温で快適に過ごせる点が最大の魅力ですね。

*ヒートショックを予防できる
冬場の寒暖差は住人の健康に大きな影響を与えます。
特に脱衣所ではヒートショックが起きやすく、高齢者が家族にいる場合は最も気をつけなくてはいけません。
断熱性の高い住宅だと家の中の温度が一定なので、ヒートショックのリスクを抑えられるのも大きなメリットといえるでしょう。

*暖房費が節約できる
家の断熱性・気密性を高めることで、従来のように暖房器具を頻繁に使わずに済みます。
CO2削減など環境に配慮できるだけでなく、お財布にも優しいのが嬉しい点ですよね。

□高気密・高断熱の家のデメリット
*室内が乾燥しやすい
気密性の高い住宅では室内が乾燥しやすい特徴があります。
冬場など特に空気が乾燥する季節においては、加湿器をつけるなどの対策が必須です。

*施工に費用がかかる
一般的な住宅に比べると、どうしても施工に費用がかります。
ですがデメリットだけではありません。
将来的に環境性能の高い住宅は資産価値が上がりますし、補助金や優遇措置もあるので、建設する前に補助金や制度について確認してみてはいかがでしょう。

*換気に気をつける
空気が滞留してしまうのも高気密・高断熱の家の特徴ですね。
そのため料理などの匂いが部屋の中にこもってしまうこともあるでしょう。
こまめに換気をして空気の入れ替えをして、ニオイが気になる時は消臭スプレーを用いるのがいいと思います。

□最後に
今回は気密性、断熱性に優れた家の特徴についてお話しましたが、いかがでしたか?
確かにデメリットも存在しますが、それを上回るメリットの方が大きいのではないでしょうか?
家の断熱性は家族の健康のためにも不可欠です。
どうせ家を建てるなら、快適に過ごせる暖かい家にするのも検討してみてください。
これから注文住宅を建てる方はぜひ参考にして下さいね。

page top