浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

注文住宅をお考えの方で「どんな断熱材を選んだらいいのかわからない」とお悩みの方はいませんか?
内装や外観が決まって次は細かな部分を決めていく際に、「外断熱」や「内断熱」などの知らない単語を聞いて混乱することもあるかもしれません。
そんなあなたのお悩みを解決するために、断熱材の違いについてご紹介します。

□外断熱、内断熱の違いとは?
断熱材は「外断熱」と「内断熱」の2種類あります。
断熱材がうまく機能しない場合、家の中でも寒さや暑さを感じてしまいます。
それによって冷暖房を使わなければいけなくなるため、電気代も高くなってしまいます。
そのため、長い間生活する上で断熱材はとても大事です。

*外断熱
外断熱とは、住宅の構造体の外側に断熱材(パネルやボード状の素材)を貼って、外気からの熱気や冷気が住宅内に入らないようにする方法です。
住宅の外側から熱を調節します。

*内断熱
一方、内断熱は、住宅の構造体の内部から家の空間全部を包み込むように、断熱材を貼る工法です。
住宅の内側から温度調節をします。

それぞれの特徴がわかったところで、メリットデメリットをみてみましょう。

□外断熱のメリットとデメリット
外断熱は外側を断熱材で覆うことにより、外気の侵入を防ぎます。

*メリット
外断熱の注目すべきポイントは、結露の発生を防ぐことができる点です。
結露は、内側と外側の温度差が大きくなることが原因で発生します。
外断熱は外気を防ぎ、内側と外側の温度差を小さくしてくれるので、結露の発生をおさえられるのです。
海外では外断熱を使って建築している国が多いので、建築物も長持ちする傾向があります。

*デメリット
外断熱は施工できる業者が少ないため、費用が高くなる傾向があります。
さらに、日本では内断熱を採用している住宅の方が多いため、外断熱で施工できる業者が少ないという点も注意しましょう。

□内断熱のメリットとデメリット
内断熱は建物内部を断熱材で覆うことで、内部の温度差を調節します。

*メリット
内断熱は施工可能な業者が多いことも安心できるポイントの一つでしょう。
さらに、外壁に断熱材を貼らないため外壁が厚くなりにくいです。
狭い土地でも建物のデザインに影響がでません。
施工費用が高くない点もメリットです。

*デメリット
内断熱は、気密性が低くなってしまうことがデメリットです。
建物全体をカバーしていないため、どうしても空間ができてしまいます。
そのため、結露が発生しやすいという点には十分に注意しましょう。

□まとめ
今回は断熱材の違いとそれぞれの比較をご紹介しました。
断熱材にも2種類あり、メリットデメリットがあることを知っていただけたと思います。
当社では、建物の劣化が起きにくい外断熱を採用しております。
長く住む建物を大事にするためにも、機能性が高い外断熱を使って注文住宅を建ててみませんか?

page top