浜松の注文住宅・工務店ならサイエンスホーム

  • 浜松店 053-416-1800、浜松北店 053-432-8880、静岡店 054-258-5911
  • お問合せ・資料請求

お役立ち情報

お役立ち情報

「無垢材がいいとは聞くけど、結局どれを選んだらいいのかわからない」というお悩みはよく聞きます。
実は、一口に無垢材と言っても様々な種類があります。
そこで今回は、「無垢材、集成材の特徴」と「無垢材の種類」について詳しくみていきましょう!


□家の素材は無垢材と集成材の2種類あります
注文住宅を建てるなら、家の素材にはこだわりたいですよね。
そこで、一般的に選ばれている2種類の素材をご紹介します。

*無垢材の特徴
天然の木を適切なサイズに加工して使うのが無垢材の特徴です。
伐採した一本の木を乾燥させて、柱や床などの様々な場所の部材を作っていきます。
木のぬくもりや香りがあるので、リラックスした空間を作るのに適しています。
そして、吸湿や温度調節の役割もこなしてくれる無垢材は、きっと快適な暮らしを実現してくれますよ。
無垢材は加工が難しいため、費用が高くなる傾向があることには注意しましょう。

*集成材の特徴
集成材は、接着剤などで木材を合成して作り出されています。
どんな形でも作れて、費用もおさえられるという特徴があります。
ただ、年数が経つと接着剤が劣化してしまうので、リフォームする必要が出てくる場合もあるので、気をつけましょう。


□無垢材の種類をご紹介
無垢材と集成材の違いはわかりましたか?
予算に余裕がある方には、天然素材である無垢材をオススメします!
ただ、一口に無垢材と言ってもたくさんの種類があります。
4種類にまとめたので一緒に見ていきましょう。

*ヒノキ
ヒノキ風呂に入ったことがある方は経験があるかと思いますが、ヒノキは独特の香りが特徴の素材です。
湿気に強く、殺菌作用もあるため、住宅に適している素材だと言えます。
木の香りを存分に楽しみたい方は、ヒノキを使うのがオススメですよ。

*スギ
スギは加工がしやすいため、費用を安くおさえられるというメリットがあります。
柔らかくて肌触りもよく、見た目が美しいのが特徴です。
ただ、柔らかいため傷つきやすいので、家具を引きずるなどの傷つきやすい行動は避けましょう。

*カエデ
カエデは明るく優しい色合いが特徴です。
耐久性が高く、滑りにくいため、ボウリング場の床にも採用されています。
白に近い色の壁紙を使う方は、全体的に明るくできるカエデを床や天井に選ぶのがオススメですよ。

*オーク
とても落ち着きのあるオーク素材は、高級家具などに使われるとても上質な素材です。
耐久性も高く、高級感が出るため床材としても人気が高いです。


□まとめ
無垢材の特徴や種類を知ることで、理想の住宅に使う素材のイメージはできましたか?
香り豊かな無垢材を使うと、毎日ハッピーな気持ちで過ごせますよね。
木造建築をお考えの方はぜひ無垢材を使用して、無垢材の良さを体感してみてはいかがでしょうか?

page top